結局手術することになりました

IMG_3993

 先週月曜(4月6日)から椎間板ヘルニアで入院中です。病室で鎮痛剤や消炎剤を点滴しても一定以上にはなかなか症状が改善しないので、医師や家族と相談した上で手術を受けることに決めました。

 何しろベッドの上で仰向けになれない。常に体の右側を下にして、体をくの字に曲げたままそっと寝そべるしかないのです。体を伸ばせば激痛。仰向けになろうとしても激痛。そのため寝返りが打てません。うつ伏せにもなれず、体の左側を下にして眠ることもできない。一晩中ずっと同じ姿勢で寝ていると、体の右側が圧迫されて痛くなってきますが、これを解消するためには一度起き上がって15分か30分ほど体の痛みが取れるまで休んでから、再び同じ姿勢になって眠る……。

 最近は慣れてきてだいぶ寝られるようになりましたが、最初のうちは一晩に3時間ぐらいしか眠れなかった。痛みは少しずつ薄れて入るのですが、じゃあこれがいつになったら一晩中ぐっすり眠れ、ベッドの上で寝返りが打てるようになるのかは誰にもわからない。これが一番辛いところでした。

 入院した時は「1週間も安静にしていれば痛みが取れて歩いて帰れるだろう」と思っていましたが、真っ直ぐ立とうとすれば腰や脚に激痛が走るのでそれもできず、いまだに車いすでの入院生活。おかげで車いすの操作にすっかりなれてしまい、看護婦さんから「上手いですねえ」などと感心される始末ですが、これが上手くなってもしょうがないしなぁ……。

 お医者さんの説明によれば、手術すればすぐに痛みは取れて、2日もすれば立って歩けるようになるだろうとのこと。背中にメスを入れて飛び出した椎間板を削りとるわけですから、もちろんその痛みはあるわけでしょうけど、今のように腰から足先まで激痛が出てどうにもしようがない……という状態は抜け出せるのではないかと期待しています。

 施術例も多い手術で成功率は95%以上だそうですが、それでも数%は失敗のリスクが……。とはいえそれは命にかかわるようなものではありませんし、日常生活が損なわれてしまうような深刻な後遺症はないでしょうとのことでした。まあそれでも全身麻酔による手術ですからね。僕は生まれてこのかた入院もはじめてなら手術ももちろんはじめてなので、ちょっと緊張しつつ、ちょっと楽しみにしています。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中