同性婚の制度化へのハードル

NHK NEWS WEB

 渋谷区で同性のカップルに「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行する条例が可決・成立したというニュース。これはもちろん法的な「結婚」とは違うわけだが、渋谷区という一自治体でできる範囲で、同性カップルにも男女の夫婦関係と同等の権利を認めましょうというもの。

 僕自身は日本でも「同性婚」を認めるようになるべきだと考えているのだが、日本ではそれが政策的な議論の俎上に載せられることすらないのが現状。「よその国では、同性婚も認めてるんですか。はあ〜。でも日本は関係ないですね」という態度なのだ。

 もちろん同性愛者というのが日本にも存在することは、誰しもが認めていることだろうと思う。そうした人たちが愛し合ったり、同棲したりしても、それに対して「けしからん!」と文句を言う人はない。でもそこに「法的な権利」を主張されると、「はあ?」「な〜に言ってんの?」「わけわかんね!」と思考停止になってしまうのが日本なのだ。

 渋谷区の条例が、同性カップルに対してどの程度の恩恵をもたらすようになるのかはわからない。実際の効果は未知数だ。でもこうした条例ができたことで、日本では同性カップルの法的権利が、政治的なテーマのひとつになったという点では画期的なものだと思う。

 既に渋谷区に倣って同性カップルの権利を認めようと動く自治体が幾つか出ているようなのだが、そうした動きが今後広がっていけば、自治体レベルを超えて国としてどうこの問題を考えるかという話になってくるのではないだろうか。まあ現状では「渋谷がどうなるのか?」「実際の運用面でどうんな問題が生じるか?」について、模様ながめをしている自治体も多いと思うけどね。

 僕自身は「同性婚」を認めるには憲法改正が必要だと考えているので、日本の場合はかなりハードルが高いんじゃないかと思っている。

第二十四条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
○2  配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

 「両性」とは男性と女性のことで、「夫婦」は夫と妻のことだと解するのが一般的だと思うので、この憲法条文がある限り同性婚は難しそうだ。

 ただしこの条文は同性婚を禁止するために作られたわけではなく、戦前の「家同士の結婚」や「男尊女卑の風習」を打ち破るために作られたものだ。日本国憲法が作られた時点では同性愛は「異常性欲」や「変態性欲」「性倒錯」などと呼ばれ、精神病の一種だと思われていた。同性愛そのものがまったく社会的な認知を受けておらず、ましてや同性婚など憲法を作る人たちが考慮していたとは思えない。

 しかし今は同性愛が社会的に認知され、日本の場合は宗教的なタブーとしてこれを攻撃する人たちも少ない。しかし憲法の条文がこれだから、これに反して同性婚を認める法律を作るのは難しいと思う。

 自民党は憲法改正にご執心なのだが、自民党の作った憲法改正草案を見てもこの第二十四条は現行通りで変更なしだ。どうせ「案」でしかないのだから、このへんは同性婚を見越してさらっと書き直しておけば「おっ、自民党もなかなかやるじゃないか」と思えるんだけどな。まあ自民党にはそんな期待はできないか……。

 まあそんなわけで実際に同性カップルが法的な「結婚」を認められるようになるまではだいぶ時間がかかりそうですが、それ以外の部分で結婚と同等の権利を与えるのはどんどん進めればいいと思う。

 僕は性別に関わりなく「パートナー関係にある者同士」に結婚している夫婦と同等の権利を与え、その中に「夫婦別姓を望むカップル」などもとりあえず放り込んでおけばいいと思うんだけどね。そうすれば婚姻にまつわる法律を改正せずとも、実質的に夫婦別姓は実現できるわけだし。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中