憲法は改正しても構わないが

自民党大会

 自民党が党大会で「憲法改正」を明言したというニュース

 まあ自民党にとって自主憲法制定は結党以来の党是だし、数年前には新しい憲法改正草案も公表している。前回の総選挙で大勝ちした際には安倍首相が「憲法改正への支持だ」と発言して「はあ?」という感じだったが、まあ自民党の側からすればそういう理屈になるのだろう。

 僕自身は「憲法は未来永劫決して変えてはならん!」とは考えていないし、半世紀以上前に憲法が制定された時代と現在とではまるで違う部分もあると思う。法律は「神の法」ではなく人間が自分たちの社会を運営するためにこしらえたものなんだから、状況によっては法律を改正していくことも必要だと思うのだ。

 ただ改正する前には、「その法律のどこがどう問題なのか?」をよく考えておかなければならない。今ある法律で不都合がないのなら、それをそのまま使い続けることに何の問題も生じないからだ。

 憲法改正論議を見ていてしばしば感じるのは、「この人たちって本当に憲法を読んだことがあるんだろうか?」ということだったりする。これは憲法を改正したがる人もそうだし、逆に憲法を守れと主張している人についても同じことが言える。憲法をろくすっぽ読んだことがないのに「こんなものはダメだから改正しろ」と言うのはバカげているし、逆に憲法をろくに読んでいないのに「立派な憲法なんだから守らねばならない」というのもバカげている。

 もっともバカバカしさの度合いでは、「憲法を変えろ!」と主張しながらじつは憲法を読んでいない人の方が問題は大きいと思う。

 「憲法を変えるな!」というのは、要するに「今のままで構わない」ということであり、「現状の憲法で何の不都合もない」という主張なのだ。「構わない」「不都合もない」ということを、客観的に証明するのは難しい。「ない」を証明するのは悪魔の証明なのだから……。

 一方で「憲法を変えろ!」という主張は、「今のままでは困る」「現状の憲法ではいろいろと不都合がある」という意味なのだから、これは具体的に何がどう困るのか、どう不都合になるのかを客観的に論じられるはずなのだ。

 改憲派は憲法を読み込んで、そこに具体的にどんな不備があるのかを具体的に証明しなければならない。ところが実際には、「憲法を変えたい」という気持ちばかりが先走っていて、具体的に何がどう問題なんだか良くわからないことが多いんだよな……。

 「改憲は自民党の党是である」も「現憲法は占領軍による押し付け憲法であった」も、改憲が必要な理由にはならない。より具体的な憲法議論が行われない限り、憲法改正は当分無理なんじゃないだろうか。

 まあ「改正すること自体が目的だ」という人は、何となく気分で改正しちゃってもいいのかもしれないけどね……。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中