NHKは高付加価値な放送を目指せ

TH-85AX900_799580

 NHKは放送法で定められた基幹放送なので、その特別な地位によって受信料の徴収が法律によって認められている。日本国内で基幹放送を受信できるテレビを持っている人は、もれなくNHKに受信料を納めなければならない。

 「NHKが映らないテレビがあればいいのに」という話はよく聞くが、実際にはそんなもの作ったってたいして売れない。相撲中継を見たくない人は見なければいいし、紅白を見たくない人は見なくてもいい。でも相撲中継や紅白が最初から見られないテレビを、一体誰が買うのか……という話になってしまう。

NHKを見ない人はテレビを見ない人

 たぶん「NHKが映らないテレビ」を持っていても不便や不満を感じない人は、そのテレビで他の民放が映らなくても不便や不満を感じないに違いない。つまりその人はもうテレビ放送そのものを見なくても構わない人なのだ。

 ま、パソコンの液晶ディスプレイで動画サイトを見ているだけで、それなりに面白かったりするしなぁ……。

 というわけで、じつはNHKにとって受信料徴収の支障になるのは「うちはNHKなんて見てません」とか「NHKの経営や放送内容に不満があるから受信料を払いたくない」という人たちではなく(そんなものは個別に訴訟を起こして強制的に受信料を徴収できるしね)、「うちはそもそもテレビ自体を見ません」という人たちなのだと思う。

ネット利用者からの受信料徴収は?

 テレビがなければ受信料は徴収できない。しかし基幹放送であるNHKは、唯一の収入減である受信料なしには経営が成り立たない。そこでNHKは「テレビのネット視聴からも受信料を徴収できないか?」という話をしているわけだ。

 これには「とんでもない!」という意見が多いのだが、僕自身はこれを面白い話だと思っている。ネットから受信料を徴収しようとすれば、ネットでも「基幹放送」に相当する内容の番組を発信しなければならなくなる。

 既にNHKはラジオ放送をネットで同時配信しているのだが、それと同じように、ネットを使ってNHKの放送がリアルタイム高画質で視聴できるようになれば面白いではないか。なぜならNHKがこうした動きに出れば、民放各局も何らかの形でそれに追随せざるを得なくなるからだ。

新サービスは受信契約者向けに限定せよ

 「視聴者のテレビ離れ」「テレビからネットへのユーザーの移行」という前提で、NHKの今後について考えてみる。まず「受信料契約しないと放送が見られない」というスクランブル放送は最悪の選択だと思う。それは単なる有料放送であって、国の基幹放送が行うべき放送体系ではないと思う。NHKはいつでも誰でも放送が見られなければならない。見られるべきだと思う。(BSデジタル放送に出てくるケチくさいBSメッセージなんてやめちまえ!)

 その上で、NHKは受信料契約を行った人たちを対象に、より高品質で付加価値の高いサービスを行うべきなのだ。例えば何かと話題になっている4K高画質放送。これは受信料を払った人だけが見られるようにするという選択肢があり得るだろう。またネットを利用したより付加価値の高いサービスを、受信契約をした人限定で提供すればいい。

 「ネットとテレビの融合」というと「それはスマートテレビか」という話になりそうだが、NHKの強みはコンテンツを持っていることなのだ。まず前記した放送のネットでの同時配信を、受信契約者に限定して提供すること。これは受信契約者に固有のIDとパスワードを発行すれば、すぐにでも実施できると思う。

オンデマンドでの再放送は受信契約の中に入れよ

 次にNHKは現在有料で提供している「NHKオンデマンド」を、受信料契約者には無償で(あるいは一部無償で)提供すればいい。あるいは受信契約者に対するベーシックな機能として、放送終了後24時間以内はあらゆる番組をオンデマンドで視聴できるという機能でもいい。「うっかり放送を見逃してしまった」とか、「たまたま放送を途中から見始めたけど、はじめから全部見直したい」というニーズに応えることは、現在の技術を使えば簡単にできるのだ。

 こうして受信契約者向けの「基本機能」を高めた上で、さらにオプション契約として有料視聴の選択肢を増やしていく。現在は地上波の契約が2ヶ月で2,520円(カード払いや口座振替)、衛星込みだと4,460円だ。例えばここにさらに1,000円ぐらい追加すると、放送終了後にオンデマンドで番組を取り出せる期間が24時間から1週間に延長されるというのはどうだろう。それ以上前の番組については、現在のNHKオンデマンドと同じように、個別課金で番組を提供すればいい。(権利問題などもあるので、いつまでもずっと番組が提供できるわけではないのだ。)

 NHKは既にNHKオンデマンドというサービスを有料提供しているので、料金体系やサービス内容についてはそれらと再編しながら考えて行くということになると思う。

NHK視聴に最適化したテレビを開発せよ

 NHKはオンデマンドテレビの領域に本格的に参入した上で、メーカーに協力を求めてNHK受信に適したテレビを開発してもらえばいい。これはNHKの技術陣が基本的なインターフェイスやソフトウェアの開発に協力することになるだろう。メーカーはそれを自社製品にソフトとして組み込み、場合によっては国内出荷用に専用のリモコンを新たに開発する。

 NHKが次世代テレビの標準を作ってしまえばいい。国の機関放送局として受信料で運営され、どのメーカーの紐付きでもないNHKなら十分に可能だと思う。もちろん作るのはオープンなプラットフォームであって、後から民放各社がそこに相乗りできる余地を作っておくことも大切だと思う。

 テレビの録画については多チャンネルチューナーと大容量メモリを組み合わせた製品が、既にいくつか出ている。しかしユーザーが自分の手もとで番組を録画している限り、録画から漏れる番組は必ず生じるし、大量の録画をすればするほど録画済み番組の管理も面倒になる。でも各番組をそのつどオンラインで放送局から直接提供して貰えば、それが一番視聴者にとって楽ではないだろうか。

 ハードとソフトを作るメーカーとコンテンツ事業者である放送局が手を取り合い、ユーザーにとって最も快適な21世紀型のテレビ視聴のあり方を考えてもいい時期になっていると思う。NHKはその幹事役になれると思うのだが、どうでしょう?

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中