映画館の各種割引き料金について

楽天地の回数券

 僕が普段利用している映画館は、錦糸町にあるTOHOシネマズ錦糸町楽天地シネマズ錦糸町だ。一番の理由はそこが我が家から一番近いからで、徒歩や自転車を使えば交通費もかからない。(場合によっては駐輪場の利用料金がかかるけど。)

 しかし僕がここに魅力を感じているのは、映画鑑賞料が安いからという理由もある。僕は楽天地シネマズで販売している回数券を利用していて、これは6枚綴りで6,500円だった。この回数券は楽天地シネマズだけでなく、TOHOシネマズ錦糸町でも利用できる。毎月1日の「ファーストデイ」の入場料が1,100円だが、回数券を使うとそれより安いのだ。現在は7,200円に値上げしたので1回あたり1,200円になったが、それでも映画前売り券を買うよりずっと安い。

 僕はTOHOシネマズのシネマイレージ会員にもなっていて、これは6回鑑賞すると1回無料になる特典がある。つまり楽天地の6枚綴り鑑賞券をTOHOシネマズ錦糸町でシネマイレージカードと併用すると、6,500円(7,200円)で映画が7本観られることになる。通常のロードショー作品を封切館で見る場合、都内の映画館だとこれが一番安いと思うんだけど、もっと安いところがあれば教えてください

 この6枚綴り6,500円の回数券は毎月1日の割引き料金より安かったのだが、これが7,200円に値上がりしたことで1日の割引きの方が100円安くなった。そこで毎月1日のファーストデイや、毎月14日のTOHOシネマズデイについては、今後回数券を利用せずに劇場でチケットを購入する機会も増えると思う。ただし今のシネコンは、当日切符を買うためにカウンターに並んだりはしない。オンラインで席を予約してチケット代金の支払いはカードで済ませてしまうのだ。

 これでもちゃんと、割引き日のチケットが取れる。しかも1週間ぐらい前から予約できるのは便利。当日急に、別の予定が入ってしまうこともあり得るけどね……。

 映画観の入場料金については、さまざまな映画館でほぼ共通して行っている割引制度と、映画館独自の割引制度がある。共通する割引制度は、例えば以下のようなものだ。

  • ファーストデイ(毎月1日は1,100円、映画の日の12月1日は1,000円)
  • レディースデイ(毎週水曜日は女性のみ1,100円)
  • 夫婦50歳割引(夫婦のうちどちらかが50歳以上なら夫婦で2,200円)
  • シニア割引(60歳以上なら1,100円)

 このうち僕が利用できるのはファーストデイのみ。しかし映画館独自の割引もあるので、これを使えば安く見られる可能性もある。

  • TOHOシネマズは毎月14日がTOHOシネマズデイで1,100円
  • 松竹系の松竹マルチプレックスシアターズは毎月20日が1,100円
  • ユナイテッドシネマは毎週金曜日に会員割引で1,000円

 他にも以下のような割引を見つけた。

  • 新宿武蔵野館は毎週水曜日が映画ファンサービスデーで男女とも1,000円
  • テアトルシネマグループと角川シネマ各館ではTCGメンバーズカードの提示で毎週火曜と金曜は1,000円

 自分の行きつけの映画館があれば、割引日はチェックしておくといいと思う。会員限定のサービスなどもチェックして、自分にとって得であれば会員になってもいい。

 僕の行きつけのTOHOシネマは、来週土曜日が14日で割引になる。その次は3月1日が日曜日で、次の14日がまた土曜日で割引。まあ僕は回数券がまだあるのでいつ映画館に行っても一緒なんだけど、今月と来月は家族一緒に映画に行く機会が増えるかもなぁ……。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中