「一神教と国家」を読む

一神教と国家

 「一神教と国家/イスラーム、キリスト教、ユダヤ教」を読み終わった。思想家(?)で文筆家の内田樹と、イスラーム学者の中田考の対談集だ。対談形式で宗教ネタと言えば「ふしぎなキリスト教」をすぐ連想するのだが、これは宗教を媒介にしながら「西欧型の国民国家」や「グローバリズム経済」を批判的に検証していく内容になっている。

 この本の中では、ムスリムでもある中田考が「世俗主義は反イスラームだ」と断言してる。つまり近代的な国民国家という枠組み自体が、そもそもイスラームの考え方や暮らし方に合わないと言っているのだ。

 イスラームは生活も社会制度も人々の考え方も丸ごとイスラームの戒律によって支えられているので、「信仰は個人の内面の問題にしておきましょう」という政教分離がそもそも成り立たない。ウンマ(イスラーム教徒の共同体)は国教をまたいでグローバルに展開しているので、国教のこちらのイスラームと国教の向こう側のイスラームを区別しない。

 日本人は古くからとても「宗教的」な人々だった。しかし江戸時代の日本は事実上政教分離の世俗国家だったので、明治維新の日本は西欧近代の「政教分離」というパラダイムをすんなり受け入れて近代国家になることができた。キリスト教禁止の高札を取り払うのに多少の時間はかかったが、それによって何か社会的な混乱が起きただろうか? 何も起きなかったのだ。

 だが同じことがイスラームにできるかというと、これはちょっと難しい。第二次大戦後はイスラーム諸国で強力な独裁者が暴力的に民衆を押さえつけて世俗化を強いていたのだが、独裁者が排除されて民主化されると、イスラームに急激に傾斜していくことになる。イスラーム圏では「民主化=西欧型の民主主義化」ではなく「民主化=イスラーム化」だったりする。民主的な普通選挙をすると、欧米人から見て「イスラム過激派」としか見えないような人たちが政権のトップに立ってしまったりするのだ。欧米にとってはかなり厄介な話だと思う。

 日本もその一員である西欧型の近代的な民主主義国家は、自分たちのルールを「人類にとって普遍的な価値観である」として世界各地に輸出してきた。しかしこれはどうも、イスラームには通用しないのかもしれない。イスラームにはイスラームの民主主義があって、それは西欧端の民主主義(日本人も良く知っている民主主義)とは必ずしも一致していないらしい。

 今現在の世界を理解するためにも、イスラームについてはもっと勉強しなければなぁと思わされた1冊だった。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 読書

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中