東京は温かい

 山梨から東京に戻ってくると、東京はじつに温かいと思う。まあ山梨の帰省先は一軒家なので、家の中がすでに寒いんだけどね。夜は廊下でも吐く息が白くなるし、風呂は脱衣所が凍えるように寒いし、タイル張りの浴室も極寒の地。トイレでおしっこすると、便器から湯気が出てるんだよ。寝室も平気で3度とか4度になる。寝ていると布団から出ている顔が、痛いように冷たくなる。頭が寒かったので、僕は帰省中はずっと部屋の中でも帽子をかぶってたよ……。

 それに比べると、気密性と断熱効果の高い鉄骨鉄筋のマンションは大違い。日の当たる部屋は日中なら暖房無しでも20度以上になるし、寝室も暖房は入れてないけど、夜中に温度計を見たら15度ぐらいあったよ。まあ東京も本格的に寒くなるのはこれからだし、東京のマンションだって寒いところは寒いけどね。今のマンションに引っ越してくる前に住んでたマンションは、冬になると湯たんぽを入れないと足もとが寒くて寝られなかったな。今の部屋に越してきてからは本当に暖房いらずで、湯たんぽは「いつか使うかも」と押し入れにしまいこんだまま、ほとんど活躍する機会がない。たぶん今後も出すことないだろうな。

 山梨からは朝早い特急で戻ってきたのだが、家の冷蔵庫は空っぽ。昼は近所のラーメン屋で済ませ、そのまま近くのイトーヨーカドーまで新年最初の買い物に出かけた。特に何を買うというつもりでもなかったのだが、あれこれ買い込んでタクシーで帰宅。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中