選挙で自民党が圧勝した理由

自民党政権公約2014

 NTTドコモが配信した「3秒でエビフライ」の動画は、動画の面白さとは裏腹に、何の広告だったのかを3秒で忘れられてしまうという大失敗だったと思うのだがどうかなぁ……。

 ちなみに急激に高温で加熱してもエビの中までは火が通らないので、3秒でエビフライは絶対に不可能です。無理に高温で調理すれば外側が黒焦げになるでしょう。寿司屋でネタをバーナーで炙るのと同じです。外側は焦げ目が付いていても、中は冷たいまま。そういうエビフライって、どうなのよ。食べたいっスか?

 ところで選挙で与党が圧勝しましたね。僕はこれを、国民が「3秒エビフライ」を求めた結果だと思っているのです。アベノミクスは一定の成果を出したと思う。これを否定する人もいるけど、偶然だろうがたまたまだろうが、民主党時代にはできなかった成果が上がっているのは確かだよ。円高は是正されて、株価も上がった。失業率も下がっている。問題は国民が好景気を実感できていないことなんだけど……。

 エビの殻をむいて粉や卵やパン粉を付けるのは簡単にできても、加熱調理をするには必ず一定の時間がかかる。でも国民の多くはそれを理解せず、強火のバーナーでがーっと熱すればそれでいいんだと思っているわけです。だからこそ「3秒でエビフライ」の動画を真面目に信じる人も結構いた。日常に近い世界でもこれなんだから、政治の世界で自公が圧倒的な数を持てば、アベノミクスの経済効果はさらに進むだろうと単純に考える人が多いであろうことは想像に難くないわけですな。

 でも政治というのは「3秒でエビフライ」みたいには行かない。あれは映像のトリックだからね。もしもアベノミクスですぐに効果が出たなら、それは何らかのトリックがあるのです。虚偽です。ペテンです。

 政治というのは大きな鍋の中に材料を入れて、グツグツ煮込むような作業なんじゃないでしょうか。かき混ぜながら少しずつまんべんなく火が通るようにしないと、底が焦げ付いたり、材料の火の通りに村が出たりする。底が焦げ付けば全体がダメになってしまうし、いきなり加熱して突沸すれば周囲に飛び散って大火傷することもあるでしょう。

 まあこういう結果は出てしまっているわけだから、今後安倍政権が長く続くんでしょう。その結果、安倍首相は歴史的な名宰相と言われるようになるかもしれないし、日本をダメにした悪名高い独裁者と評価されるようになるかもしれない。まあ選挙の結果を変えることができない以上、僕としては安倍首相に名宰相への道を歩んでいただきたいとは思うんですけどね。

 僕は「3秒でエビフライ」は求めませんので、あまり性急に事を運ばず、じっくりと時間をかけながら結果を出すような政治にしていただきたいものです。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中