散歩カメラとしてのGRD2

Exif_JPEG_PICTURE

 腰のベルトにぶら下げたカメラケースにRICOH GR Digital II(GRD2)を入れて持ち歩いている。同クラスのカメラとしてはOLYMPUS Stylus XZ-2を持っているのだが、これは旅行など特別な時にしか持って出ない。大きさが少し違うので、小さめのGRD2の方が日常使いには取り回しが楽なのだ。あとGRD2はバッテリーがやたらと持つ。それほど酷使しているわけではないのだが、それでも一度充電済みのバッテリーを入れると1〜2週間は電池消耗サインが出ないというタフネスぶりなのだ。

 そんなわけで以前散歩用のカメラに使っていたCanon IXY Digital L2やLは、すっかりお役後免でケースの中に放り込まれている。XZ-2にはもっと活躍してほしいと思っているのだが、今はちょっと使い勝手が悪いのでケースやストラップに少し工夫をしようと思っている。ベルトケースに入れるにはちょっと大きくて重いので、予備バッテリーと会わせてウエストポーチに入れて持ち歩くような形がいいのかな。ポーチに入れるなら首からぶら下げる長いストラップは不要なので、手首に巻き付けられる程度のハンドストラップでも構わないのかもしれないけど。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中