メモ帳は無印ノート

IMG_3779

 仕事で無印良品のA6判ダブルリングノートを使っていたのだが、これをそろそろ使い切りそうなので新しいノートをどうしようかあれこれ考えた。コクヨの文庫サイズノートも考えたのだが、入手の容易さやコストパフォーマンスを考えて、今回も無印のノートを1冊買ってきた。80枚で税込180円は安いよね。ダブルリングの部分にボールペンを突っ込んでおけるのも便利。

 写真は大きさがわかるようにロディアのNo.11やトンボのエアプレスと並べてみたが、実際にこのノートで使っているボールペンは三菱鉛筆のパワータンクだ。どんな条件でも必ずインクが出てくるので気に入っている。インクの出ないボールペンは本当にイライラさせられるからね。ただし僕がこのノートで使っているパワータンクのハイグレードモデルは既に廃盤商品。1本1,000円ぐらいする高級タイプで、あまり売れなかったのかもしれない。樹脂ボディのものはまだ売ってるけど、これだとこのサイズのノートのダブルリングの部分にすっぽり入らないんだよな。(Amazonでピンク色のボディがまだ手に入るようだったので、とりあえず1本注文してみた。)

 三菱は最近ジェットストリームに力を入れているようで、パワータンクが少々お留守になっていると思う。パワータンクのリフィルは優秀なので、これを使っていいボールペンを作れば売れると思うんだけどな。(もっともハイグレードタイプなどに入っているリフィルは1本300円するので、やはり筆記具として値段が高いのかもしれないけどね。)三菱は特にパワータンクと銘打っていないものでも、高級ボールペンにはパワータンクのリフィルを入れたりしている。僕もその手のものを何本か持ってますけどね……。

 まあノートとペンはいつも悩んでいて「絶対にこれだ!」という決定打がないので、今後もあれこれ悩むと思うけどね。とりあえずしばらくは無印ノートとパワータンクで行くけど、このノートを使いきった後にどうなるかはわからない。

 筆記具で現在一番気になるのは消せるボールペンのフリクションから新たに出た4色モデル。とりあえず樹脂ボディのものは1本買ったのだが「ウッド」と名付けられた高級モデルも欲しい。たぶんこれは買っちゃうと思う。フリクションは手帳にスケジュールを書き込む時に使っているのだが、後から消せるのはやはり便利なんだよね。能率手帳とフリクションがあれば、スマホのスケジュール機能とか(少なくとも僕は)いらないしな。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中