仏教の「四諦」についてのメモ

釈迦

 突然だが仏教の話をする。仏教の開祖であるお釈迦様はいろいろなことを語っているのだが、その根本にある教えは四諦(したい)と八正道(はっしょうどう)に要約される。四諦とはこの世界の中で人間が置かれている現実と、そこで人間が味わう苦しみから逃れるための大まかな流れを解いたもの。八正道は苦から逃れるための具体的なノウハウを8段階に分けて解いたものだ。

 四諦は4つの事柄で構成されている。苦諦(くたい)、集諦(じったい)、滅諦(めったい)、道諦(どうたい)だ。

 苦諦とは、この世は人間にとって苦しみでしかないという教え。「わたしは苦しみなんて感じない。今現在を面白おかしく幸せに生きています」と言う人も、じつは大きな苦しみを抱えている。「苦しくない」というのは、ただ単に目の前にある苦しみから目を背けているだけなのだ。仏教はどうも4の倍数が好きなようで、人間の苦しみについても体系的に「四苦八苦」と説明する。

 まず「四苦」と呼ばれる基本的な4つの苦しみだが、人間には避けて通れない、生・老・病・死という苦しみがある。老いること、病むこと、死ぬことが苦しいのは誰にでもわかる。だが「生まれること」がなぜ苦しいのかわかりにくい。しかしお釈迦様が偉いのは、老・病・死の苦しみの原因を考え、「そもそも人間は生まれてこなければこれらの苦に出会うことがない」「この世に生まれたばかりにこれらの苦しみに必ず出会ってしまう」「だから生まれることこそ苦しみの原因なのだ」というところまで達したことなのだと思う。

 人はこの世に生まれたあと、さまざまな変化に出会う。若者は老いていく。体力は衰え、美しさは陰りを見せ、健康な人もいずれは病気になって死ぬだろう。生まれるとは、人が誕生の瞬間に持っていた「無限の可能性」を少しずつ切り捨てて、最終的には「可能性ゼロ」という地点に向かって歩む最初の一歩に他ならない。

 四苦八苦は生老病死の四苦に、さらに4つの苦しみを加えて8つにしたもの。これは「わたしは苦しみなんて感じない!」という人にもずっとわかりやすい、日常的な苦しみについての教えだと思う。

 まず、愛別離苦(あいべつりく)の苦しみがある。これは愛するものと離れなければならない苦しみのこと。自分の大切にしている人との別れもあれば、自分の大切にしているモノのと別れもある。子供の頃に転校して親友と離れ離れになってしまった。彼女に振られた。可愛がっていたペットが死んだ。大事にしていた万年筆をなくしてしまった。旅先で財布を落とした。パパからもらったクラリネットが壊れてしまった。これらがすべて、愛別離苦なのだ。

 次はその反対の苦しみもある。怨憎会苦(おんぞうえく)といって、自分が出会いたくない人やモノに出会ってしまう苦しみだ。クラスの席替えで嫌な相手と隣同士になってしまった。会社の上司や同僚とどうも馬が合わないが、同じチームで仕事をしなければならない。ラーメン屋で食事をしていたら隣に座った女性の香水の匂いがきつすぎて気分が悪くなった。映画館に行ったら隣のカップルのおしゃべりがうるさい。信号が青の交差点を渡っていたら、居眠り運転のトラックが突っ込んできた。今日から彼女と旅行に行く予定だったのに台風が来てしまった。これらはすべて、怨憎会苦だ。

 3番目の苦しみは求不得苦(ぐふとっく)だ。これは欲しいものが手に入れられない苦しみのこと。「お金が欲しい!」というのはその典型だろうし、「彼女が欲しい!」とか、「結婚したい!」というのも同じだろう。「欲しい!」と思ってすぐに手に入れば苦しみはないのだが、世の中は得てしてそれらが手に入れられないことの方が多い。手に入れられないからこそ、対象に対する執着が余計に強まる。「彼女がいたって面倒なだけだよ」とか「結婚なんてするんじゃなかった。独身の人が気楽でうらやましい」なんてことは、彼女がいない人や結婚したくてもできない人には何の慰めにもならない。「出世がしたい!」でも、「新しい車が欲しい!」でも、「海外旅行に行きたい!」でも何でもいいが、世の中には求不得苦の苦しみが満ちあふれている。

 4番目の苦しみは五蘊盛苦(ごおんじょうく)で、これは人間が自分の体や心の働きにとらわれることで生じる苦しみのこと。五蘊とは、色・受・想・行・識のことだが、見ること(受)、感じること(想)、考えること(行)、判断すること(識)など、心の働きに重点を置いているのが特徴かもしれない。

 四苦八苦はすべて「生」から生まれ、「五蘊盛苦」という心の働きによって人間を苦しめる。というわけで、八正道に行かないうちに今回の話はおしまい。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

仏教の「四諦」についてのメモ」への1件のコメント

  1. ピンバック: マインドフルネスは目的地ではない | 新佃島・映画ジャーナル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中