映画ノートのボールペン変更

PowerTank

 映画ノートのボールペンを、パワータンクスマートに変更した。ただし売っているのをそのまま使っているのではなく、リフィルを1.0mmのものに変更している。最初に使っていたパワータンクスリムはリフィルが0.7mmで、これは手帳に細かな字で何かを書いたりするのは便利なのだが、ある程度大きな字をガシガシ書くには向かないのだ。まあ書けることは書けるけど、線がひょろひょろ細いのが個人的にはあまり好きではないというだけの話……。

 パワータンクスマートの方が軸が太くて握りやすいので、試写室で短時間でメモを取るにはこの方がいいかも。まあこういうのはあくまでも好みの問題なので、本人が好きなら何でもいいんでしょうけどね。

 三菱のパワータンクとジェットストリームは好きなボールペンで何本も持っているのだが、今回はダブルリングノートにぴったりセットして使えるという条件で探してこうなっただけのこと。他にも手もとに気になるボールペンが何本か遊んでいたのだが、ダブルリングの部分に刺さらないと不便だからね。

 ちなみに現在手もとで遊んでいるボールペンの中には、LAMY2000の4色ボールペンなんてものもある。これは5,000円ぐらいするものですけどね。完全に行き場をなくして、机の引き出しの中で持て余してます。そのうちに、またどこかで使い始めるとは思うんだけど。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中