めがねを新調する

めがね

 使っていためがねがボロボロになってきたので新調することにした。めがねというのは消耗品で、何年か使っていると表面のコーティングがはげてきてしまうのだ。これで表面の光の反射がムラになってしまうので、こうなったらもうレンズを交換しなければならない。レンズだけ交換する方法もあるのだろうが、この頃にはもうフレームもなんとなくガタピシしてきているので一緒に交換してしまう。古いめがねは予備に取っておけばいい。

 めがねを作ったのはJINS!で、今回はフレームとレンズと加工賃込みで1万円ちょっとだった。僕は子供の頃から目が悪くて、めがね歴(途中でコンタクトにした時期もあったけど)は40年近いのだが、めがねが普通にこれだけ安く作れるようになったのはつい最近のことだ。昔はめがねを作るのにこの2〜3倍はかかっていたと思う。

 JINS!では「1度にめがねを2つ作れば○千円引き」というキャンペーンをやっていたが、これだけめがねが安くなると、服装や髪型によってめがねを使い分けることも普通になってくるのだろうなぁ……。まあ僕は実用性しか求めてないので、めがねは一度にひとつずつ作って、ダメになったらまた次を作るだけだけど。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中