夏バテ気味だが体重は増える

ロスト・フィルム

 夏になっても体力は落ちていない。むしろよく食べ、よく寝て、体重は増えていたりして……。

 ただ仕事の効率は落ちている。イベント続きで仕事のペースが乱れ、映画を観る本数も激減している。試写の予定を組んでも片っ端からキャンセルし、目の前には未整理の試写状が山になっている。9月に入ったら何とかしなくては。他にもやらなきゃならない仕事がいろいろあるんだけどなぁ……。

 図書館でぽつぽつと映画がらみの本を借りて読んでいる。現在読んでいるのはフランク・トンプソンの「ロスト・フィルム 甦るハリウッド無声映画」という本。日本では無声映画時代の貴重な作品がほとんど失われているのだが、それに比べれば外国はまだずっとマシ。彼らは映画をきちんと保存して、今でも作品の多くが残されている……と思っていたらさにあらず。

 じつはアメリカでも無声映画のほとんどが失われているのだという。この本はそんな消えてしまった映画を、当時の資料をもとにして紹介している本。消えたのは無名スタジオで撮られた、無名監督、無名スターの作品ではない。グリフィスの映画が、ムルナウの映画が、ゼダ・バラの映画が、グレタ・ガルボの映画が、跡形もなく消えていたりするのだ。映画は消耗品だったんだなぁ……。

 これはもう少しで読み終わるので、その後もう少し詳しく紹介します。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中