集団的自衛権の行使は憲法違反だよ

憲法改正草案Q&A

 集団的自衛権の行使容認を閣議決定したことについてはさまざまな意見があるが、この問題はふたつに分けて考えるべきだと思う。ひとつは日本が集団的自衛権を行使することの是非。もうひとつはこの決定が憲法改正という手続きを取ることなしに、与党内の調整によって「閣議決定」という形で行われたことの是非だ。

 僕自身は集団的自衛権の行使容認が、日本の平和と安定により一層寄与するという話は眉唾だと思っている。ただし今回はそこには踏み込まず、後者の点についてだけ述べておきたい。

 集団的自衛権の行使は、現行憲法で認められていないという意見が根強い。今回自民党はそれを押し切って、現行憲法の下での集団的自衛権行使を認めてしまったわけだが、その自民党もじつはほんの少し前まで、集団的自衛権の行使を「憲法違反」と考えていたのだ。そもそも日本は個別自衛権は持つが集団的自衛権は持っていても行使できないという解釈そのものが、かつて自民党が作り上げたものだったわけだし、これは戦後の自民党政権下でも一貫して保持された憲法の標準的な解釈だった。

 これに対して「そもそも憲法はすべての戦争を放棄し、陸海空軍やそれに準ずる兵力の保持を禁じているのだから、自衛戦争も自衛隊も全部憲法違反なのだ。集団的自衛権ごときで今さら違憲だと騒ぎ立てる方がおかしい」と言う人がいるが、こういう人はそもそも憲法を読んだことがないのだろう。日本国憲法の九条には以下のように書いてある。

日本国憲法 第九条

  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 これは第1項の『国際紛争を解決する手段としては』というのがキモで、第2項の冒頭にある『前項の目的を達するため』というのもこれを踏まえている。日本は戦争を、他国との紛争を解決する手段とはしない。武力によって他国の主権を脅かしたり、外交を意のままにすることはない。だがそれ以外の部分でなら、日本は戦争をすることができるし、戦力を持つこともできる。

 そこで限定的に認められているのが、他国に攻撃されたときにそれを防ぐ自衛のための戦いだ。日本は自分の国を守る。しかしそれだけでは、紛争が解決することはない。紛争解決については国際社会に委ねて、とりあえず日本は自前で敵を食い止めます……というのが日本のこれまでの解釈だったわけだ。

 では集団的自衛権の行使はどうかというと、これがじつはよくわからない。しかし憲法を改正しないことには集団的自衛権が持てないことは、つい最近まで自民党が認めていた。例えば平成24年10月に自民党が発効し、安倍政権発足後の25年10月に増補版が発行された「日本国憲法改正草案Q&A」は、憲法九条を改正する理由を次のように述べている。

 また、現在、政府は、集団的自衛権について「保持していても行使できない」という 解釈をとっていますが、「行使できない」とすることの根拠は「9 条 1 項・2 項の全体」 の解釈によるものとされています。このため、その重要な一方の規定である現行 2 項(「戦 力の不保持」等を定めた規定)を削除した上で、新 2 項で、改めて「前項の規定は、自 衛権の発動を妨げるものではない」と規定し、自衛権の行使には、何らの制約もないよ うに規定しました。(P.10)

 このQ&Aは「集団的自衛権を保持していても、憲法改正なしにそれを行使することはできない」と述べているわけだ。この憲法改正草案やQ&Aの作成は、自民党の憲法改正推進本部の下で行われているのだが、安倍首相はその最高顧問に名を連ねている。

 集団的自衛権の行使を容認すべきだと主張する人たちは、これは国民の多くがその必要性を認めていると主張する。しかしついこの前、少なくとも去年の10月の時点まで「現在の憲法下では無理」と言っていた人たちが、あっと言う間に態度をひるがえして「憲法解釈の変更でOK」と言い出すのはどうしたものだか……。この人たちにとって、憲法というのはそれほどに軽いものだったということなんだろうな。

 まあ今回の決定は関連法作りに向けての方向付けに過ぎず、今後は集団的自衛権の行使にまつわる各種法案が国会で審議されることになるはず。その時に、与党がどんな言い訳をするのかが見ものだけど、与党のいい加減さを追究するはずの野党に迫力がないからなぁ……。

 結局こうしただらしない政治状況を許してしまっているのは、野党が悪いんだろうな。好き放題の自民政権を見て「安倍やめろ!」などと叫ぶ人もいるけど、安部首相が退陣したとしても新しい政権を担う力が現在の野党にあるのかね?

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中