地球温暖化行進曲

スーダラ伝説

 図書館で借りてきた植木等の「スーダラ伝説」で、「地球温暖化行進曲」を聴く。作詞が伊藤アキラ、作曲が宮川泰の手になるアナーキーな曲。同じアルバムには他にもちょっといい曲が何曲か収録されているのだが、往年の無責任男に通じる無茶苦茶なノリが発揮されているのは「地球温暖化〜」だと思う。これはアルバムが1990年に出てるのですね。植木等はこのアルバム収録曲「スーダラ伝説」でこの年の紅白歌合戦に出場。その後も何枚か立て続けにアルバムが出ているので、「スーダラ伝説」が好評だったのでしょう。

 図書館でCDを借りるのは無料なので、特に興味のないCDでもその時のノリと勢いで借りてしまう。中には箸にも棒にもかからないものもあるのだが、アルバム1枚借りてきて面白い曲が1曲か2曲あればいいかぁ……みたいな感じではある。「スーダラ伝説」は「地球温暖化行進曲」が入っていたからOK。ただしこの日は、他に一緒に借りてきた3枚のCDが軒並みダメだったんだよな。まあ音楽の好き嫌いは趣味の領域なので、それが何なのかは書きませんけどね。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中