マイボトルの季節

SM-KA48-AG

 東京も真夏日に突入! ……というわけで、外出時には水筒の持ち歩きが欠かせない。現在使っているのはZOJIRUSHIのステンレスマグで容量は480ml。夏本番になると480mlではぜんぜん足りないのだが、飲みきってしまったら自販機やコンビニで500mlのミネラルウォーターを買って補充する。こうしておけば、買ったときの冷たい状態でまたしばらく飲めるわけだ。水筒の容量は480mlなので入りきらない分が出るが、これはその場で飲んでしまい、ペットボトルはすぐに捨ててしまう。

 全容量を入れ替えるなら水筒を500mlや600mlにすればいいんだろうけど、とりあえず480mlでも困ってないからしばらくはこれで通すつもり。でもこれから水筒を買おうとしている人は、最初から500mlにした方がいいと思う。キャップを外してコップにしたり、キャップを外して直飲みするものが値段が安いけれど、ワンタッチでパチンとふたが開くタイプがお薦め。ふたが外れてしまうタイプだと、水筒本体とふたで両手がふさがってしまうし、万が一にでもふたを落としてしまうことがあり得るからだ。

 ステンレスマグにはいろいろな遍歴があり、現在使っているのは一昨年の夏にAmazonで購入したものだ。この前にはTHERMOSの350mlのボトルを使っていたが、350mlではさすがにまるで足りない。他にも自転車に乗っていたときはホルダーに装着できる樹脂製ボトルを使っていたこともあるし、保温機能がないアルミのボトルを使ってみたこともある。ただし徒歩外出中にカバンに放り込むことを考えると、保温になっていないのは冷たい飲物を入れると結露してしまって使えない。カバンの中が水浸しになってしまうのだ。

 他にも我が家には昔使っていた中栓タイプ350ml、子供が使っている600mlの直飲み中栓併用タイプ、以前子供が使っていたストロー付きの360mlタイプ、家族で外出するために思い切って買った2.0Lの大容量タイプなどがある。でも2.0Lはなかなか使わない。このぐらいの大きさになると中身が空でもけっこう重たいし、何よりもかさばる。車で外出する人ならそれでも構わないんだろうけど、我が家は車を使わないから持って出るのにいつも躊躇するわけだ。

 大きな水筒を1つ持って行くよりも、出先でこまめにペットボトルを買ってしまった方が気軽だ。家族が各自水筒を持って歩いて、空になってきたらコンビニで大容量のミネラルウォーター(1Lとか2L)を買うのが安上がりかも。というわけで、2.0Lのボトルは無駄な買い物だったかなぁ……と今は思っている。もっとも尿管結石をやったときに医者からは「1日に1ガロン(約3.8L)の水を飲め」と言われたので、それを本当に実践しようと思ったら外出時に2Lの水筒を持って歩くべきかもしれないけどね。

 ちなみに水筒の中には基本的に冷水しか入れない。最初に氷を少し入れてから、浄水器で濾過した水道水を口元ぎりぎりまで入れて栓をする。冬は中栓タイプで白湯を持ち歩くこともあるのだが、麦茶やスポーツドリンクなど水以外の飲物を入れるのは掃除が大変になるので避けている。中身が水なら、直接口を付ける部分以外は水ですすげばそれでOK。

 今日は家を出るときにステンレスマグに冷水を詰めて出たが、その後コンビニで2回水を購入して注ぎ足した。それも帰宅したら空っぽ。今日はホントに暑かったです。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中