「聖☆おにいさん 10」を読む

聖☆おにいさん10

 郵便受けにAmazonから「聖☆おにいさん」の10巻が届いていたので読む。今回は「月刊モーニングtwo」の2013年10月号から14年5月号までの掲載分8話を収録。季節は夏のバーベキューから春のお花見まで。

 ギャグのネタ元がどんどん専門的になっているような気もするが、一方で既存のキャラが掘り下げられてもいる。しかしキャラとしていじりやすい人物というのがやはりあるようで、今回は聖母マリアとペトロあたりにネタが集中していく。これはキリスト教美術などにも同じ傾向があるので、まったく違うコンセプトでアプローチしていていても、不思議と一致するところがあるのだなぁと変に感心してしまった。

 キリスト教ネタだとこの作品ではまだパウロという大物が登場していないのだが、そのうち出てくるんだろうか……。あと初期殉教者とか宗教改革者とか、ぶっちぎりでキャラが立っている人たちが大勢いるんですけどね。まあこれをやり出すと、仏教系でも登場するキャラが増えすぎるので、ある程度の所でセーブしているのかもしれないけど。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 読書, 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中