FlashAirのセットアップ

FlashAir

 Amazonに注文していた東芝の無線LAN機能付きSDHCカードFlashAirが届いたので、さっそくセットアップした。今回購入したのは海外バージョンで、国内版とはパッケージが違う。日本語のマニュアルも入っていない。でもネットで調べれば問題なし。アプリも日本語対応しているのでさほど苦労はない。iPhoneとの連携に少し手間取ったのだが、これもネットで調べてすぐに解決法がわかった。

 FlashAirは何をするものかというと、デジカメで撮影してSDHCカードに記録してある写真データを、カードに付属している無線LAN機能を使って周辺のスマホやパソコンで閲覧ダウンロード可能な状態にするというものだ。本当はこれで愛用のIXY Digital L2を無線LAN対応にしたかったのだが、L2はSDHCに対応していないので別のカメラを使わなければならない。我が家で現役のデジカメは、他にRICOH GRD2か、はたまたCasioのEX-H20Gか。

 最初はGRD2にセットすることを考えたのだが、手軽さを考えてEX-H20Gと組み合わせて使うことにした。GRD2は単焦点なので、画質に雲泥の差があることはともかくとして、使い勝手はiPhoneとあまり変わらないのだ。その点、EX-H20Gは光学10倍ズームだからだいぶ取り回しが違ってくる。記録する写真のサイズを10Mにセットして、8GBのFlashAirで1千枚以上の写真が撮れる。これだけ撮れれば、日常使いのSDカードとして常にカメラに入れっぱなしにしておけるはず。僕はわりと頻繁にパソコンに写真データを吸い上げるので、一度に千枚の写真をカメラからパソコンに転送したことなど一度もない。せいぜい数百枚だ。長時間の動画さえ撮らなければ、8GBで足りなくなることはまずないだろう。

 やろうとしていることは、デジカメで撮影した写真をiPhoneに転送して、SNSに画像投稿すること。iPhoneにはInstagramのような画像加工アプリもたくさんあるので、それと組み合わせるとデジカメの写真も生きてくるかなと……。

 ただ今日の時点では写真撮影してiPhoneに転送するところまでしか実験していないので、それ以降の作業についてはまた後日。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中