カメラほしい病

XZ-2

 久しぶりに「新しいデジカメがほしい病」が発症している。対象になっているのはOLYMPUSのSTYLUS XZ-2STYLUS XZ-2という高級コンデジ。高級機だが最近は値段が下がってきていて、2万円ちょっとで買える。このぐらいだと衝動買いするかしないかの微妙なラインだな。

 XZ-2はアナログ時代のOMシリーズなどに通じるスクエアなスタイリングで、光学的にあまり無理のなさそうな明るい4倍ズームが付いている。出たのはだいぶ前なので、そろそろ売り尽くしなのかもしれない。だとすれば値段が底を打った後は、逆に値段が上がっていくだろう。そのへんの見極めがちょっと難しい。

 僕はずっと前からコンパクトカメラ党で、アナログ時代はCONTAX T2やT3、APSのTixも持っていたはずだ。あとMINOX 35GTを持ってたかな。フィルム時代が終わった後も、一貫してコンデジ。今でも愛用しているCanonのIXY Digital L2は単焦点のキレのいいレンズだった。要するに僕はズームレンズなんていらないわけだ。高級コンデジはRICOHのGRD2を既に持っている。だから同じように単焦点のGRなどにも興味はあるけど、ポジションがもろにかぶってしまうからいらない。買うなら次はズーム機だ。ただし風景やポートレイトぐらいしか撮らないから、3〜5倍ぐらいのズームがあればそれで十分。

 というわけでXZ-2なんですけど、どうでしょうかねぇ……。値段が2万円を切るようなら、買ってしまいそうな気もするけど。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中