袴田事件再審へ!

BOX 袴田事件 命とは

 冤罪ではないかと言われていた袴田事件に再審が認められることになり、死刑囚として東京拘置所に収監されていた袴田巌さんが保釈された。事件が起きたのは1966年(昭和41年)6月30日。袴田さん逮捕が7月4日。それから今年で48年になる。

 袴田事件は冤罪の可能性がある死刑判決事件として有名だが、事件の概要や逮捕の様子、取り調べによる自白の強要、一審で死刑判決が出された経緯などについては、高橋伴明監督の『BOX 袴田事件 命とは』という映画を観ればだいたいのことがわかる。というか、僕もこの事件についてはこの映画での知識しかない。この映画は4年前に製作公開されて、その時も話題にはなったのだが、今回の再審決定で再度注目されることになると思う。

 ただし今回の再審決定には当然検察側が不満を持っているわけで、高裁への特別抗告が行われるだろう。いずれにせよ、話は最高裁まで行くだろうし、そこでさらに高裁に審理の差し戻しだのなんだのと行ったり来たりしていれば、それだけでどんどん時間がたってしまうのだ。再審開始までの道のりは遠い。名張毒ぶどう酒事件のように、場合によっては再審取り消しということもあり得るので、今後の成り行きにも注目。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中