ライフスキルとはなんぞや?

IMG_7375

 辻秀一先生のワークショップ終了。僕は人名については基本的に名前をフルネームで書いてそれでオシマイなのですが、今回はワークショップ参加で先生と生徒の関係だったので、辻先生については「先生」という敬称付きとなります。

 まあ3日間の参加で疲労困憊ですけど、いろいろと学ぶことの多いワークショップでした。今回学んだのは、簡単に言ってしまえば、毎日を気分よく過ごす方法。気分が良くなれば仕事の効率も上がるし、コミュニケーション能力も上がる。何より本人が気持ちいい。「そんなもん、毎日ぐっすり寝てだなぁ、美味いもん食って、家族が円満で、仕事も充実してればそれでいいじゃねえか」と言う人もいるだろうけど、人間だからそうそう毎日ぐっすり寝られるわけでも、美味いものが食えるわけでも、家族円満でも、仕事が充実しているわけでもない。嫌なことだってイロイロあるわけです。プレッシャーやストレスも多い。

 そうした中で人間がどうすれば気分よく過ごすことができるようになるのかを、辻先生は「ライフスキル」という考え方で説明する。この言葉にはいろいろな定義があるようだけれど、辻先生はそれを「心を整える技術」と定義している。人間はプレッシャーやストレスにさらされると、頭でいくら何か考えようとしても混乱したり空回りしたりする。仕事をしても身が入らない。普段ならしないような簡単なミスをする。ライフスキルはプレッシャーやストレスにさらされた中でも、心を整えて普段通りの力が発揮できるようにする技術。

 辻先生によるライフスキルは、極端なことを言えば「何もしなくていい」のが特徴。行動を変えることで心の働きを調整するのではなく、心の働きそのものを使って心を調整していく。やることは「考える」だけ。例えば頭の中で好きなモノのことを考える。自分を元気づけてくれる言葉を思い出す。それだけで人はちょっと気分が良くなる。何もしなくていいんだから、すごく簡単。すごく楽ちん。こうした技術が何十個もあって、ワークショップではそれぞれ具体的に、受講者が体験を通してそれを学んでいくわけです。

 バカみたいに簡単な作業なんですが、これは確実に効きます! ただし日常生活では横にインストラクターの先生が付いて「次はこう考えてみましょう」とアドバイスしてくれないので、自分でこのスキルを習慣化して、いつでも発動できるように準備しておかなければならない。これが結構大変かも。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中