少し暖かくなったかな

IMG_3293

 午前中から試写3本をはしごしたのだが、最初の試写に行く際、電車の乗り換えを間違えてあせった。京橋に行くため東京駅で降りるつもりが、なぜか六本木に行くつもりになっていて有楽町で降りてしまったのだ。日比谷線の改札を入ってから「まてよ?」と違和感を感じて気付いた。あわてて改札を出て反対側のホームに移り、ちょうど入ってきた地下鉄に飛び乗って、銀座で乗り換えて京橋へ。少し余裕を持っていたので間に合ったけど、いやいや危ないところだった。

 というわけで観た映画は『人生はマラソンだ!』というオランダ映画。中年オヤジたちが借金のカタに取られそうになっている自動車修理工場を救うため、フルマラソンに挑戦するというコメディ。人生に奇跡は起こらない。だが努力をした者には、それに対する報いがある。そういう教訓的な映画だと思う。

 2本目は東映で『カンチョリ オカンがくれた明日』という韓国映画。東映本社は最近1階入口の警備員さんが「どちらに行かれるんですか?」といちいちチェックするのだが、今日は「試写です」と言っても「何の試写ですか?」とさらにツッコミを入れられてしまった。まあ花粉症の時期なので顔をマスクで覆ってるし、帽子も目深にかぶってるしで、我ながら怪しい風体であることは確かなんだけどね。映画は韓国版『ギルバート・グレイプ』みたいな感じ。ただし途中にやくざ映画の要素がインサートされているのが面白い。

 3本目は京橋に戻って『シンプル・シモン』というスウェーデン映画。アスベルガー症候群の青年が、兄に新しい恋人を探そうと奮闘する話。これは面白かった。「障害は個性だ」と言う人がいるけど、これは文字通りそれを映画化したようなものだな。

 図書館に予約していた資料を取りに行き、スーパーで買い物してから帰宅。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中