自宅で仕事

20140217山梨日日新聞

 午前中は日曜日に観てきた映画の感想を書いて、あらすじ部分を映画瓦版のブログに掲載。洗濯や台所の後片付けなど家事も済ませてしまう。昼頃から仕事で必要な書類を作って、午後に郵便局の窓口から送付。そのままスーパーまで出かけて買物して帰宅。ふ〜。土日に外出しちゃったりすると、月曜日に家事がたまっちゃうんだよな。ほとんど専業主婦だな。

 ネットやテレビのニュースを見ていると山梨の豪雪被害はやはり大変なことになっているのだが、東日本大震災の時と違って、東京にいても何もできることがない。「節電しましょう」でもなく、「救援物資を送りましょう」でもなく、「ボランティアに行くぞ!」でもなく、一体どうすりゃいいのよ。宗教がある人は「一刻も早い交通の復旧を!」とお祈りでもしてりゃいいんだろうけど、そうじゃない人はテレビやパソコン画面の前で「大変だ〜!」と言ってるぐらいしかできないよな。

 現地が困っているのは交通が遮断されてしまっていることで、逆に言えば交通さえ復旧して物流さえ回復すれば、現在の切羽詰まっている状況は解消するだろう。交通網の回復は、道路管理者なり、鉄道会社なり、自衛隊などが急ピッチで進めていることで、東京にいる人間が何かできることではない。すぐ近くにこれだけ困っている人たちがいるのに、たかが1日か2日の雪のためにこれほどのことが起きるなんてね。21世紀なのに……。

 安倍首相は豪雪被害が出ているにもかかわらず支援者たちと高級天ぷら店で会食したと一部から批判されているが、安倍首相が首相官邸に詰めてたとしても実際には何もできないよ。首相が天ぷらを食べていたからといって復旧作業が遅れたわけではないし、首相が官邸に詰めていたからといって復旧作業のペースが早くなったわけでもない。問題の天ぷら屋は赤坂にあるそうで、車なら首相官邸との間は5分で移動できる。僕は安倍首相の肩を持つつもりはないけど、今回の件については特に厳しく批判されるようなことではないと思うよ。

 それより問題は山梨のその後のこと。まだ雪があって全貌が見えないけれど、農作物への被害は甚大だと思う。ハウス栽培のものは全部ダメになっているはず。露地栽培のものもだいぶやられているだろう。農業は山梨にとって基幹産業。これが今回の雪で大打撃を受けた。その規模は台風や豪雨被害などとは比較にならないはずだ。山梨の農業を再建するためにどうすればいいのか。山梨県だけではとても手が回らないはず。安倍首相にはそうした場面で、大いに尽力していただきたいものだ。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中