「百年前の日本語──書きことばが揺れた時代」

hyakunen

 図書館で借りていた「百年前の日本語――書きことばが揺れた時代」を読み終わった。明治時代の日本語表記をテーマにした本だが、漢字にも仮名使いにも、当時の表記は現在とはかなり違っていて面白い。いわゆる歴史的かなづかいだけではなく、ひとつの読みに複数の漢字をあてたり、逆にひとつの漢字や漢語に複数の読みをあてたりして自由自在なのだ。

 変体仮名の話も面白い。書き出しの「し」は「志」を崩したような字で書くのだが、これは漢字ではなくこういう平仮名なのだ。ひょっとすると「古今亭志ん生」の「志」は漢字ではなく本来は平仮名の「し」だったのかもしれない。だとすれば「志ん生」ではなく「しん生」が本来の正しい表記になるはずだけど。色紙や祝儀袋に書く「○○さん江」の「江」の崩し字もじつは平仮名だったりする。こうした変体仮名は今でも商店の看板などに見られるものだが、文字コードが割り当てられていないのでワープロでは出てこない。「うなぎ」の「な」とか、「生そば」の「そば」などは、今でも変体仮名が使われている例が多いのだが、これらは看板として見ているから読める物の、単体の文字として抜き出されたら読めないな……。

 この本で一番面白かったのは、夏目漱石の原稿の中に出てくる「ズーズー弁」だ。(本の中ではズーズー弁とは書かれていない。)「つぶやく」が「つぶやぐ」、「○○を欠いている」が「欠いでいる」などと、現在では清音で書かれている部分が濁音で書かれているのだという。こう書かれているということは、漱石自身やその周囲に、このような言葉づかいをする人たちがいたのだろう。

 我々は時代劇や落語で江戸末期から明治の江戸っ子たちの言葉を知った気になっているが、幕末明治の人たちは我々が思ってもいないような「江戸弁」をしゃべっていたのかもしれない。


 午前中は近所のシネコンで『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』の初日初回を観る。このお子様向けアクションシリーズは、毎度乱闘アクションシーンがきれいで感心する。映画版だとテレビより力が入っていて、一段も二段もレベルの高いアクションになるのだ。

 たぶんこのスタッフとキャスト(スーツアクターたち)は、現在の日本で一番アクションの上手い人たちだろ。時代劇のからみ役や斬られ役の系譜に連なる無名のアクション職人たちだけれど、こういう人たちが顔を出して活躍できる時代劇というのが、今はなかなかないのが残念。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中