今年初の試写は『なんちゃって家族』

なんちゃって家族

 午前中は昨日書いていた電子書籍についての原稿の読み直し。各記事の中に小見出しを入れて内容を整理する。小見出しを入れると記事の内容の偏りや不足、構成の不整合などが見えてくるので、それを少しずつ手直しして、不足している部分は記事を足していく。これで記事の量も少しずつ増えていく。昨日の段階で15,000字だったものが、あっと言う間に20,000字弱に。こうやって文章を増やして行くと重複も出てくれば、言い回しがくどいところも出てくる。それは最後に手直しすることになる。

 午後はワーナーの試写室で『なんちゃって家族』を観る。試写室に向かう途中、うっかり一駅乗り過ごしてあわててしまった。この映画、ビリングではジェニファー・アニストンがトップに来るのだが、主人公を演じたジェイソン・サダイキスの嫌味のないキャラクターに好感が持てる。最低の男なのに、嫌いになれないのだな。

 日本ではもともとアメリカのコメディ映画が冷遇されているし、最近は洋画の低迷でますます不遇な扱いを受けているはず。その中でこうやって、くだらない(←ほめ言葉です)コメディ映画が公開されるのは結構なことだと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中