映画の記録は別ページに移します

T0018288q

 午前中はメルマガ「聖書&キリスト教ナビゲーター」の原稿を書いて、午後は近所の映画館へ。今年最初に劇場で観た映画は『鑑定士と顔のない依頼人』となった。これは試写状をもらっていたのだが、ギャガは試写が予約制になってから観に行くのがちょっと億劫になってしまったのだ。予約しようとするとたいてい予約分が満席になってるんだよな。もしくは調整中になっている。ギャガは作品数が多いから本当はまめにチェックしておいた方がいいんだろうけど、半分以上を観落としていると思う。試写室が外苑前になって、他の試写とハシゴしていくときもちょっと不便なんだよね。まあこういうのは、こちらの都合に過ぎないわけだけど。

 映画については今後あらすじだけまとめて別のWordPressのサイト「映画瓦版」に載せることにする。これはサイトだけ昨年に作っておいて、何に使おうか迷いながら放置していたものの再利用。まあ映画瓦版をやめたからと行って、全部を引っ込めてしまうのもねぇ……。

 図書館に読み終わった本を2冊返却し、新たに3冊を借りてきた。そのうち2冊は朝日文庫版の「手塚治虫物語」なのだが、これは字が小さすぎて読みにくくてしょうがない。もともと朝日新聞社から2分冊の大型単行本で出ていたものを、そのまま縮小して文庫にしたらしい。図書館にはこれしかなかったんだよな……。文庫版は現在絶版になって、3分冊の新しい単行本が金の星社から発行されているようだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中