浅草寺に初詣

IMG_7281 正月休みの最終日。午前中は図書館に借りていた本を返却し、午後は浅草寺にお参りに出かける。アマゾンに注文していたMIZAR-TECの単眼鏡 MD-718が届いたので、以前から持っているPENTAXの双眼鏡 タンクローR 8×21UCF Rと一緒に持ち歩いてみることにした。ケースに入れて持ち歩くとまず使わなくなるので、今回はケースから出して単眼鏡をポケットに突っ込み、双眼鏡も首から下げていた。ただ双眼鏡は途中で面倒くさくなり、ストラップを本体に巻き付けてカバンに放り込んじゃったけどね。ちなみに単眼鏡の倍率は7倍、双眼鏡は8倍。単眼鏡より双眼鏡の方が見やすいというのは確かにその通りで、何と言っても両目を開けたまま目標を見られるのは楽だ。ただ単眼鏡はポケットから取り出してパッと使える便利さがある。散歩の時に持ち歩くといいかもね。それで何に使うというわけでもないんだけど……。

 浅草橋で乗り換える際、近くの人形屋を見て回る。浅草線に乗り換えて、雷門から仲見世、本堂をお参りして、花やしき方面へ。本堂はすごい人手で、警備のお巡りさんが巨大な賽銭箱の中で檻に入ってマイクで呼びかけてました。賽銭箱に近づけない人が賽銭を投げるので、それがぶつからないようにだろうね。

 花やしきを少し見て回った後、新仲見世を通って元の駅へ。後から気付いたけど、これは六区からつくばエキスプレスの浅草駅に出て、秋葉原経由で帰宅しても良かったな。次はそうしてみよう。

 今回の写真はCanon IXY Digital L2で撮影した。2004年に発売されたカメラだから、今年で10年目のコンデジ。さすがに今のカメラに比べると、暗いところでシャッター速度が稼げないのがつらいなぁと思うこともあるけど、フィルムカメラからデジタルに移行してきた世代なのでこういうのはぜんぜん困らない。カメラというのは暗ければブレるのは当たり前なのだ。ストロボが貧弱なのもまったく困らない。むしろ普段はノーストロボだしね。

 便利すぎる最近のカメラより、少し苦手なところや弱点がある10年前のデジカメの方が面白い。ちなみにこれの前機種であるIXY Digital Lも持っているので、今度散歩に持って出てみようと思う。

 あ、古いデジカメのいいところは、引き出しの中に眠っている512MBや1GBのSDカードメモリーでもまったく何の不便も感じないこと。ただSDカードメモリーはどんどん大容量化しているので、そのうちIXY Digital LやL2で対応できる安いSDカードが新品では手に入りにくくなるかもしれない。容量が2GBを超えて4GBになるとSDHCという別規格になるので、2GBのSDカードが手に入るうちに少し買いだめしておいた方がいいのかもしれない。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中