「TOKYOオリンピック物語」を読む

TOKYOオリンピック物語 図書館で借りていた野地秩嘉の「TOKYOオリンピック物語」を読み終えた。もともと書店で文庫版を見つけて面白そうだと思った本だが、現在はKindle版も出ているようだ。内容は1964年の東京オリンピックに関わった「裏方」たちの物語で、取り上げられているのはシンボルマークを作ったグラフィックデザイナーの亀倉雄策、亀倉の後を引き継ぐようにオリンピックに関わるありとあらゆるデザインを統括した勝見勝、映画『東京オリンピック』を監督した市川崑、日本IBMからの出向で競技のリアルタイム集計システムを作った竹下亨、選手村の食事を担当した帝国ホテルの村上信夫、会場警備を担当した日本警備保障の飯田亮といった面々。そして彼らに協力して直接間接にオリンピックに関わっていった大勢の人々だ。

 これは少なくとも僕にはとても面白い本で、あっと言う間に読んでしまった。もともとグラフィックデザイナーだった僕にとって、亀倉雄策は今でもなおスーパースターだし、僕が最初に働いていた日本デザインセンターでは東京オリンピックにまつわる話が伝説化していた。この本ではオリンピックと亀倉雄策の関わり、その後のさまざまなデザイン作業の話が丁寧に描かれている。面白くないはずがないではないか。

 僕はその後デザインの世界を離れて映画批評家になったわけだが、この本では日本映画史に残る大ヒット作『東京オリンピック』の製作裏話に大きくページを割いている。オリンピックの物語でありながら競技についての話がほとんど出てこない本なのだが、ここでは競技の内容について、映画撮影班の目を通して描こうとしている。そのため映画についての話がたっぷりと出てくるのだ。

 東京オリンピックをきっかけにして、日本社会は大きく変わった。東京オリンピックで史上初めて導入されたものが、その後のオリンピックで踏襲されたり、日本社会で定着していったものも多い。この本で取り上げられている大会のシンボルマーク、会場案内のためのピクトグラム(絵文字)、コンピュータを使ったリアルタイム集計システム、民間警備、エスニック料理、調理の下ごしらえを一括処理するサプライセンター、食材の冷凍技術……。こうしたものは史上初であるがゆえに、先行する手本がほとんど何もなかった。東京オリンピックに関わった人たちは、創意工夫しながらこれらをすべてゼロから作り上げたのだ。しかもほとんどのスタッフは、労力に見合うとは思えないような薄給で「お国のために」オリンピックに関わったのだという。まさに東京オリンピックは、戦後日本の復興と高度成長を象徴する国家的な大事業だった。

 感動的なエピソードは多いが、一番印象に残ったのはデザインにまつわるものだ。数々のピクトグラムを創出したデザイナーたちに対し、デザイン統括者の勝見勝はすべての著作権を放棄させた。彼はこう宣言したという。『あなたたちのやった仕事はすばらしい。しかし、それは社会に還元すべきものです。誰が描いたとしてもそれは、日本人の仕事なんです』。東京オリンピック以降、ピクトグラムは日本社会に浸透し、今では世界中あちこちで使われるようになっている。ピクトグラムは東京オリンピックをきっかけにして世界に広がった、日本人による偉大な発明品なのだ。


 帰省中は本を読んでいることが多かったのだが、持ち込んだ本をあらかた読んでしまったので、この日は朝起きて最初にDVDで『アイドル・イズ・デッド』を観てしまった。これは昨年『アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロパガンダ大戦争』を観たとき、「前作もぜひ!」とサンプルを受け取っていたのだ。これはBiSのCD「IDOL is DEAD」に特典として付属していたことがあるのだが、今年早々に単独のDVDやBlu-rayとして発売されることになっている。

 午前中にヤマダ電機テックランドNew甲府店で蛍光灯などを買い、さらに甲府市内まで出て印傳屋で新しい財布を購入。我が家はブランド品にはほとんど何の興味もないのだが、甲州印伝だけは毎年少しずつ身の回りに増えている。これもブランド品と言えばブランド品なんだけどね。

 岡島百貨店に寄って丸善(文具)やジュンク堂(書店)をぐるりと見て回る。あとはイチヤマに寄って夕食の買い物をして帰宅。明日東京に戻るので、ここで買うのが最後の馬刺しだ。ちなみにこのスーパーで売っている馬刺しは熊本産らしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中