日本酒でクリスマス

IMG_7179 クリスマスイブなのでちょっといいお酒を買ってこようと思って、日本酒を買ってきた。クリスマスでも日本酒なのだ。シャンパンやワインより食べ物の味の邪魔をしないし、僕は日本酒がどんな料理にも合っていいと思うんだけど、我が家は僕しか日本酒を飲まないのでつまらんなぁ……。

 今回買ってきたのは純米の黒牛で、日本酒らしいしっかりした味わいがあって、ステーキやローストビーフなど脂肪分が多い食べ物にも負けない。それでいて後味もすっきり。日本酒というのは原料が米なので、口の中に残る後味は米の旨味のエッセンスみたいなものなのだ。米の味は日本人にとって、どんな料理にも合う邪魔にならない味。だから日本酒はどんな料理にでも合うのである!というのが僕の理屈だけど、実際にところはよくわからない。日本酒の芳香というのは花の香りのような爽やかなもので、それでいて甘ったるくもないので僕は好き。でもこれが嫌いだという人もいるんだろうね。

 今回買ってきた黒牛は720mlで1,200円だから、サイズとしてはワインのフルボトルと同じ。今は同じぐらいの値段ならそこそこのワインが買えるから、日本酒をなんとなく避けている人は「どうせならワインを買おう」ということになるかもね。僕はむしろ「値段が同じなら日本酒の方がいい」と思うけど。だって720mlで1,200円というのは、日本酒としてはかなり上等のお酒だよ。でもワインで同じように「かなり上等のお酒」を飲もうと思ったら、1,200円ではぜんぜん手が出ないでしょ?

 僕は今から20年ぐらい前に、やっぱり日本酒は敬遠してワインを飲んでいた。当時はワインも結構高くて、フルボトルだと2,000円ぐらいしてた。でも日本酒だと同じ値段で「かなり上等のお酒」が1升買えるんだよね。日本酒の方が断然安い。中途半端な白ワインを飲むぐらいなら、ちゃんとした日本酒を飲んだ方がずっとリーズナブルだよ。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中