映画|パラダイス:希望

13121303l ダイエットキャンプに参加した思春期の少女が、施設にいた中年医師に恋心を抱く話。直前に観た『パラダイス:愛』や『パラダイス:神』が中年太りのオバチャン映画だったのに比べると、この映画もポッチャリ型のヒロインとはいえ格段に若いので画面がさほど見苦しくならないのがいい。ただここに描かれるのは思春期特有の「痛い初恋物語」であって、壮絶さの度合いにおいては『愛』や『神』の方が一枚も二枚も上手ではある。

 ダイエットキャンプは日本でも行われているようだが、この映画を観るとオーストリアでは小中学生が結構キャンプに参加している様子。肥満対策というのは結構大変なんだなぁと思う。それにしても、ここに出てくる肥満児たちの身体のでかいこと。健康そうなオデブちゃんも多いんだけどね。別にこれはこれで構わないような気もするけど、そういうわけにもいかないということなのかな。

 『愛』と『神』が歪んだ性関係を描いていたのに対して、この映画で描かれているのは「性への憧れ」だ。このまま憧れだけで済んでしまうとこの1作だけ歪んだところがない映画になってしまうなぁ……と思いきや、最後の方にド変態が出てきて少しホッとしました。

(原題:Paradies: Hoffnung)

2014年2月22日(土)ユーロスペース

公式サイト ■予告編 ■公式Twitter ■公式Facebook ■IMDb ■映画瓦版

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 映画

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中